※当サイトには、商品プロモーション等が含まれている場合があります。

【レビュー】『Parachutes』- Coldplay【感想】

スポンサーリンク
アルバム感想
この記事は約7分で読めます。
Spotify

 

※私はAmazon Music Unlimitedで音楽を聴くことが多いです。音質もよく、人によっては無料で体験できます。 Amazon Music Unlimitedの登録はこちらから
スポンサーリンク

『Parachutes』-Coldplayのレビュー及び感想

 全体的にシンプルなギターロックに仕上がっているアルバムだと思います。時々感じられるメランコリックなギターのアルペジオもありながら、同時に激情を感じさせる、かき鳴らすようなギターもあります。

 初期のRadioheadからの影響を強く感じさせるアルバムで、なんとなく『Pablo Honey』『The Bends』の中間辺りに位置しそうな雰囲気を個人的に感じます。『The Bends』よりかは大人しいサウンドだとは思います。インディーロック色が強いですね。

 しかし、このアルバムが出たのは2000年なので、Radioheadはロックを……今回はColdplayの話なので割愛しますが。

関連記事

 さて、何曲か一言ずつ感想をいれていきましょう。まずは一曲目の「Don’t Panic」

 アコギを基調とした曲なんですが、ボーカルのクリス・マーティンの切ないファルセットもあいまって、メランコリックな曲に仕上がっています。奥行きのあるギターサウンドがいいですね。

 二曲目の「Shiever」は直球なロックサウンドの曲。このサビで同じ言葉で短いメロディを歌い上げるのも、Radioheadからの影響を感じられる。やっぱり、ファルセットは切なさを曲に足すんだなというのを実感する曲。

 個人的に好きだけどあまり語られている印象のない三曲目の「Spies」

 タムを基調としたドラムパターンと、シンプルなベースラインが好き。トレモロのかかったギターサウンドも何処かサイケデリック。やっぱりアルペジオがメランコリック。実はアルバムで一番好きな曲。ちょっとアウトロが長い感じがしますが。

 そして、五曲目は名曲「Yellow」

 ただひたすらに真っすぐなギターロックですね。小細工なしの直球なサウンドがガツンと心に響きます。もはやシューゲイザーと言ってもいいんじゃないかという具合にかき鳴らされるギターがいいですよね。

 六曲目の「Trouble」も名曲。何回も繰り返されるピアノのメロディが印象的ですね。歌詞も「私ははめられただけで悪くないんだ」って感じで印象に残ります。ボーカルもずっとファルセット成分が多い歌い方で、やっぱり悲しくなるような感じですね。

 …………

 シンプルで切ないギターロックで素晴らしいアルバムだと思います。ただ、ずっと同じような雰囲気で進むので、最後の方はちょっと飽きてしまいそうになりますが、名盤ですね。

 この頃の位雰囲気からどのように今のColdplayへと変わっていくのかを、順番に聴きながら感じていこうと思います。

 是非、聴いてみてください。

 一番好きな曲:③Spies
 オススメな曲:⑤Yellow,⑥Trouble

次記事↓

アルバムランキング↓