※当サイトには、商品プロモーション等が含まれている場合があります。

【レビュー】『Mylo Xyloto』- Coldplay【感想】

スポンサーリンク
アルバム感想
この記事は約6分で読めます。

前記事↓

Spotify

 

※私はAmazon Music Unlimitedで音楽を聴くことが多いです。音質もよく、人によっては無料で体験できます。 Amazon Music Unlimitedの登録はこちらから
スポンサーリンク

『Mylo Xyloto』-Coldplayのレビュー及び感想

 個人的にはこのアルバムからColdplayは完全にポップな方面に舵を切ったように思います。アルバムの構成だけみると、三曲ほどスキットのような30秒くらいの曲があるんですが、個人的にはアルバムというよりはプレイリストという感じで、好きな曲しか聴かないアルバムになってますね。

 例えばCharlie Brown

 ポップでありながらも、結構面白いことをやっているなと個人的には思っています。ドラムのスネアを叩く位置だとか、ギターのフレーズもちょっと変則的で、それでいてしっかりとポップなのがいいですよね。このアルバムの中では一番好きな曲です。

 もう一曲がHeart Like Heaven

 この曲はそれまでのColdplayにはなかったかなりハイテンポな曲で、結構ノレル曲になってますよね。かなりポップな楽曲に仕上がっていると思います。まあ、昔のColdplayが好きな人に(以下略

 というか、このアルバムがポップたる所以って、かなり分厚いシンセ系の音だと思うんですよね。

 有名曲のパラパラパラダイスもシンセが主体となっていて、ギターはあまり主張していません。というか、そもそもアコギの音が殆ど聞こえなくなってしまったんですよね。この点については『X&Y』よりも壮大なサウンドになっているなと感じます。

 7曲目のEvery Teardrop Is A Waterfallなんかも、生のピアノというよりかは、加工された感じのピアノ音が主体となっています。ドラムも四つうちで、何処かEDMっぽさも感じますね。

 そんな感じで結構ポップな方面に方向転換したアルバムだと思うのですが……まだ、完全にポップにしきれてないなと思う部分はあります。なので、あまりクオリティが高くないなと思う曲が結構あって、特に後半辺りの楽曲は殆ど聴いてないですね。

 Princess Of Chinaなんかはシューゲイザーっぽいギターもあり、リアーナが参加していたりする曲なんですが、良い曲かと言われると……個人的にはうーんという感じですね(好きな人はごめんなさい)。

 私はMVがある曲に関してはどれも好きで、それらは聴くんですがそれ以外の曲はあまりというか全然聴かないという感じのアルバムという位置づけですね。

 ポップできらきらとしたアルバムなので、そういうのが好きな人にはおすすめなアルバムだと思います。

 是非聴いてみてください。

 次記事↓

アルバムランキング↓